ルートを検索

北海道で最長の川である石狩川

日本第二位の流域面積と
第三位の長さを誇る大河です。

よって、釣り場を絞るのが難しいのですが、
今回は上流の「大雪ダム上流」を紹介します。

石狩川も層雲峡周辺から渓流の流れになり、
ほどなく大雪ダムにより堰き止められています。

大雪ダムにはアメマスが生息しています。

本来アメマスは海と川を行き来する魚ですが、
大雪湖が海の代わりになり、川と行き来する形になります。

陸封されたエゾイワナは30cm位までしか成長しませんが、
大雪湖で育ったエゾイワナはアメマス化し、大型になります

その大雪湖から上流の石狩川でのアメマス釣りが、
釣り人に人気があります。

入渓は国道に架かる「高原大橋」が良いでしょう。

この橋を起点として、上流か下流へ入釣します。
下流に向かっては、インレットまでの釣りになります。

大雪ダムは満水であることは少なく
インレットまでは本来の湖底部分の釣りになり、
はっきりとしたポイントは少ないです。

でも、魚影は下流の方が分がありそうです。
上流に向かっては、大きな砂防ダムのある地点までになります。

砂防ダムから落ちる水の量はすごく、
付近は最大のポイントになります。

上流は水量が多い渓相が良い川になります。
ポイントは随所にあり困らないでしょう。

釣りの方法は、フライとルアーのどちらでも良いでしょう。
是非、大物を釣ってください。

上流の砂防ダムより上は、しばらくあまり釣れず、
更に上流はオショロコマの生息域になります。

最上流域なので、そっとしておいてください

石狩川は本流、支流を含め釣り場が数多くあります。
よって、地元の人間でさえ制覇するのは困難です。

みなさんも是非、
北海道一の大河の石狩川で釣りをしてみてください。

関連する川釣りポイント一覧