ルートを検索

最上川の支流である鮭川の上流
高坂ダムよりもさらに上流を大沢川と呼びます。

キレイな川育ちのヤマメや尺イワナに期待できる釣りポイントで、
滝のような高低差のある場所がほとんどないので、
特別に装備や道具などがなくとも山の渓流釣りを楽しめます

以前はダム育ちのイワナが遡上して、
良型に混じって尺超えが期待できる渓流でしたが、
ダムの上流に堰ができたので、
尺イワナもいますが平均では20cmほどといったところです。

鮭川を遡るように国道344号線を進み、
林道に入ってダムのバックウォーターを通過して、
そのまま流れを遡っていきます。

林道を進んで明神沢との合流のあたりが最後の入渓ポイントで、
そこは川幅の広い開放感のある河原が広がり、
その場所から大沢川を釣り上がっていきます

大淵や岩がせり出して狭まった場所など、
大沢川は変化に富んだフィールドではありますが、
道のりは平坦で難しい場所ではありません

しばらくは良型ヤマメの姿が目立ちますが、
上流へいくに従いイワナの姿が目立つようになります。

上流へ進むと川幅も狭くなっていき、
場所によっては水量が少なくハヤばかりというところもありますが、
イワナなどは深さのある場所を中心にひそんでいることが多いです。

どこか適当な台地にテントを張って更に源流を目指す事もできますが、
日帰りで行ける距離でも十分に楽しめるので、
渓流釣りに興味があるという人が入りやすい釣りポイントだと思います。

釣りが解禁されるのは3月ですが、
雪のなくなる5月以降からが釣りに向いていて、
虫の多い真夏を避けると、
梅雨の前と解禁が終わる直前の9月が楽しみやすいかと思います。

大雨の後など、
増水して河原が水に浸かっていると上流へ行き難くなってしまうので、
天気予報には注意してください。

関連する川釣りポイント一覧