ルートを検索

都心から高速道路を使えば2時間もかからない、
大型に期待できる釣りポイントが山中湖から流れ出る桂川です。

湧き水の影響を受けて水質がよく
氷点下を下回る冬や30℃を超える夏でも水温の変化が小さく、
魚にとって過ごしやすい環境が保たれています。

春にはユスリカ・オオクママダラ、
夏にはナミフタオカゲロウ・ヒメカゲロウ、
秋にはフタスジモンカゲロウなど水性生物が豊富で、
それらをエサにするヤマメ・トラウト類が大型化しやすくなっています

上流部の忍野のあたりは放流された魚だけでなく、
野生の大きな魚の姿も多くなっています

ハイキングのような服装でも入りやすい場所もあるので、
渓流釣りに慣れていない人や子供と一緒でも
楽しみやすい釣りポイントです。

足元が高い・手前で急に深くなる場所が多いので、
持ち手の長いネットがあると便利です。

下流の西桂のあたりも水質がよく、全面護岸されています
川底にしっかりと石が残っていて魚のつきがよいです。

都留ICの近く
川茂堰堤のあたりは淵や深い瀬などが連続し、
大きな淵では大型に期待できます。

鳥沢駅近くの虹吹橋など、
下流部ではヤマメの姿が多く
大場所の底釣りで大型のチャンスがあります。

生活圏からそれほど離れていない川ですが、
良型や大型に期待できる釣りポイントが桂川です。

中央自動車道・上野原ICで降りると、
国道20号線と並んでいる川が桂川で、
大月市で国道139号線に入って河口湖方向に進むと上流部です。

桂川は複数の漁業協同組合に管理されていて、
大月IC近くの笹子川との合流地点のあたりで管理漁協が変わり、
上流は桂川漁業協同組合
下流から都留漁業共同組合
忍野のあたりは忍草漁業協同組合の管理になります。

詳しい遊漁規則や地図などは、
山梨県のサイトで確認することができます。
(要PDF)
(http://www.pref.yamanashi.jp/kakinousui/gyojyouzuyuugyokisoku.html)

関連する川釣りポイント一覧