ルートを検索

球磨川(くまがわ)は人吉盆地を流れ、
川辺川をはじめとした多くの支流と合流し、
八代海へと注ぐ100kmを超える熊本最大の河川で、
釣りが解禁されたばかりの時期でも大型のヤマメに期待でき、
その名を全国に轟かせる熊本南部を流れる釣りポイントです。

アユの放流が盛んに行われていて、
精悍な顔つきのアユは良型が多く
竿から伝わる力強さに胸がなる、
全国でも屈指の釣りポイントです。

ヤマメも30cmを超える良型が多く
蛇行する流れに淵と瀬が連続する川辺川などでは、
釣りが解禁された3月ごろから尺ヤマメが期待できます。

球磨川のよいところは、
長大なフィールドを管理している漁協が一つだけなので、
支流も含めて遊漁券が一枚だけで済むことです。

長大なフィールドなだけに狙い所は多く、
魚が釣りやすい場所は時期やそのときの状況によって変わります

本流はもちろん、
各支流でも良型のヤマメが釣れるのが球磨川なのです。

魚のライズが見られる場所を探したとしても、
その場所をほかの漁協が管理していたら、
心を残したままで引き返さなくてはいけません。

球磨川なら遊漁券が一枚あれば、
本流から支流までの長大なフィールドで、
時間が許す限り釣りが楽しめます。

アユのシーズンは梅雨の終わりごろから始まり
ヤマメは春ごろが好調で、
夏には標高の高い山岳渓流などが面白いです。

ここ最近はウナギが釣れたという声も増えています

解禁期間は3月から9月末まで、
釣りに関する詳しい問い合わせ先は球磨川漁業協同組合

遊漁料は一日券が2000円全魚種対応の年券が8000円
アユを除いた年券が6000円で年券は顔写真が必要です。

八代市から国道219号線沿いを流れる河川が球磨川で、
人吉市を通って市房ダムを目指せば上流域です。

関連する川釣りポイント一覧