ルートを検索

日光市を流れる大谷川ヤマメ・イワナのほかにも、
鬼怒川から遡上してくるサクラマスに、
中禅寺湖からはブラウントラウトなどもやってくる釣りポイントです。

大谷川川幅の狭い落差のある上流域
流れの早い荒瀬が続く中流域
鬼怒川から遡上してくる良型に期待できる下流域に分けることができ、
場所によって様々な釣りが楽しめます。

上流域で釣り人が多いのが『いろは坂下流域馬返し』のあたりで、
落差の激しい瀬と落ち込みの連続する場所が続き、
あいだの緩やかなたまりにも魚がついています。

車で行きやすい場所なので魚は用心深くなっており、
下の落ち込みから上の落ち込みを狙うなど、
魚に姿を見せない工夫が重要になります。

川幅の広くなる中流域では、
川底に魚の好きそうな大きめの石が沈み、
堰堤下の淵や瀬尻下流にできた緩やかな流れなど狙い所は多く、
流れに飲み込まれやすいので、浮力の強いものを使うのがベターです。

鬼怒川と合流する下流は広い瀬が続くエリアで、
水温が早い時期から安定し、
堰堤下の大場所に40cmクラスのヤマメが潜み、
イワナも良型が目立ちます

サクラマスが有望なのが鬼怒川との合流地点付近で、
このあたりのヤマメは幅広のものが多く、
都市近郊を流れる河川としては、
熱い釣りを楽しむことができます。

大谷川の管理鬼怒川漁協協同組合がおこない、
一日券が1500円年間券が6500円(写真は不要)。

今市地区が3月から釣りが解禁され、
日光市水郷橋より上流の日光地区は、
4月の午前6時から解禁
されます。

釣りが禁止されるのは9月で、
詳しい日程や遊漁規則など、
鬼怒川漁協協同組合のサイトなどで確認をしてください。

関連する川釣りポイント一覧