ルートを検索

秋田県はタナゴのなかでも、
ゼニタナゴ・アカヒレタビラが釣れる北の限界で、
秋田県でタナゴが多く生息しているのが雄物川水系です。

雄物川が流れる仙北平野のエリアは、
本流に流れ込む数々の支流と、
それらに繋がる各水路が広がり、
流れのある川釣りでタナゴなどが楽しめます。

ほかにもトンギョ・ウグイ・オイカワ・クチボソなども釣ることができ、
タナゴを中心に小魚釣りを広く楽しむことができます。

流れのある川でヤリタナゴが多いのは雄物川でも同じで、
雄物川本流でもその姿を見ることができますが、
本流よりも仙北平野に広がる水路に多く生息しています。

狙い所は、水深40cmほどのゆっくりとした流れの、
水路の底が落ち込んでいるような形状をした、
底に捨て石が入っているような場所
です。

そんな場所を見てみると、石についた岩ゴケを食べ、
プロポーションのよくなったタナゴが泳ぐ姿が見えます。

本流で面白い季節が春で、雪溶けの水で水量が増え、
川筋の各所にワンドが形成される為です。

増水でできたワンドは、
増水から避難してきたヤリタナゴがいて、
いつもとは違う雄物川を楽しむことができます。

ほかの地域からの遠征でも楽しめるのがこの釣りポイントで、
関東などと比べてタナゴの婚姻色が遅くまで残っているのが特徴なので、
時期をずらして色づいたタナゴを釣ることができます。

仙北平野がある横手盆地の大曲や横手に宿をとるのもいいですが、
秋田市内に宿をとることで特産品を味わうことができるので、
数日をかけての遠征がおすすめです。

このあたりに生息しているアカヒレタビラは、
東北地方の太平洋側にのみ生息しているキタノアカヒレタビラになり、
関東に生息しているアカヒレタビラとくらべて
スマートで口ヒゲが短くなっています。

仙北平野のエリアでは珍しい、
溜池などの流れが鈍い場所でよく釣れるので、
土地勘のない遠征では、
釣り場を探すためにも泊まりがけがおすすめです。

関連する川釣りポイント一覧