鮎の一生は一年と短く、
早いもので2月には河口域から川を遡りはじめます

遅いものでも5月には遡上を始め
幼魚のころはプランクトンや昆虫などをエサにします。

体長が10cmを超えて
来ると
川底の石や岩に付くコケを食むようになり
7月ごろまで遡上を続けます

夏至前後に遡上を止め一定の場所に居座りはじめます
そして8月になると増水の度に下りはじめます

10月の後半から11月の後半にかけ
下流域の浅瀬で産卵を行い一生を終わります

これとは別に琵琶湖や大きなダム湖などでは
その少し上流で産卵した卵が孵化し、
湖で冬を過ごし春に遡上するというパターンもあります。

近年は天然鮎の激減により、
稚鮎の放流事業も盛んに行われていますが、
放流数を増やしても天然遡上の比ではありません

関連する川釣りポイント一覧

  • 福島県 只見川福島県 只見川 只見川の源流は群馬県と福島県の県境、 尾瀬沼ですが、この付近の沢水 […]
  • 東京都 荒川水門(旧岩淵水門)東京都 荒川水門(旧岩淵水門) 東京都で荒川と言えば知名度も高く有名ですが、 この川は長く上流まで […]
  • 山梨県 桂川山梨県 桂川 都心から高速道路を使えば2時間もかからない、 大型に期待できる釣り […]
  • 山形県 月光川山形県 月光川 月光川は定期的にイワナ・ヤマメの放流がおこなわれ、 湧き水の豊富な […]
  • 鳥取県 河内川鳥取県 河内川 鹿野町から三朝方面へ向けて進むと、 右手に見えてくる河川が河内川で […]
  • 高知県 物部川高知県 物部川 高知県で鮎友釣りが最も早く解禁され、 そして釣果も見込める河川が物 […]