Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索
日本

全長が170kmをこえる、
利根川最大の支流の鬼怒川では、
ほぼ全域で大ヤマメのチャンスがある釣りポイントです。

名前のとおりに鬼が怒ったように荒れる川だったことから、
各所で治水目的の工事がおこなわれ、
流れにはダムや堰堤といった多くの人工物が設置されています。

様々な支流と合流しながら大きくなり、
茨木の守谷市で利根川と合流するので、
鬼怒川にはいかにも山岳の渓流といった場所や、
開放感のある河原もあり、どの場所に入るかによって、
鬼怒川は様々な表情を見せてくれます

様々な釣り方や戦略をもって挑むのは、
鬼怒川の流れに鍛えられた筋肉質のヤマメです。

特にこの場所というポイントはありませんが、
どの場所から仕掛けをキャストしても、
大型が食らいついてくる可能性は十分にありま
す。

過去の実績が高いポイントでも、
ポイントの良し悪しはそのときの状況で変化しします。

なので鬼怒川での釣りは、
ポイントに入る前の情報収集から始まっている
といえるのではないでしょうか。

広大な鬼怒川には無名なポイントが多数あるので、
その中から自分好みのポイントを探すのも
鬼怒川の楽しみのひとつ
です。

国道293号線を氏家へ向けて走行していると鬼怒川ですが、
解禁期間は3月下旬から9月の上旬まで。

遊漁料金は一日が1000円から、年間が3000円から。

詳しい問い合わせ先は、
藤原町漁業協同組合:満谷原取水堰から川治ダムまで。
栗山漁業協同組合:栗山村地区。
湯西川漁業協同組合:湯西川、西川本流。
鬼怒川漁業協同組合:満谷原取水堰より下流になります。

広大な河川なので、
管理をしている漁業組合は複数にまたがっています。

釣りに行く前に場所ごとのルールなどを確認して、
トラブルのない釣りを楽しんでください。

関連する川釣りポイント一覧