只見川の源流は群馬県と福島県の県境、
尾瀬沼ですが、この付近の沢水を集めた奥只見湖では
イワナの大物も釣れるほど
です。

観光地化が進んでいる湖とはいえ、
新潟県長岡市からでも車で1時間以上かかる
山奥の湖は釣りも十分に期待できる湖です。

そして、この奥只見湖を経由して、
新潟県の一級河川、阿賀野川に注いでいるのが、
只見川なのです。

只見川は阿賀野川最大の支流となります。

実際、渓流釣りを楽しむのであれば、
この奥只見ダムに流れ込む前の
上流地域がおすすめのポイント
となります。

渓流のフライフィッシングフィールド河原も有りますし、
釣りのし易い場所
です。

河川の幅はそれ程広くは無いのですが、
とにかく水量が豊富です。

毎年、雪解け水の時期がひと段落した頃が、
河川としてはベストな状態
となっています。

そして、なかなか人も踏み入れない場所で育つ魚は、
大物が多く潜んでいます

魚としては、主にイワナ
そしてヤマメも釣れます。

只見川自体は国道352号線の「樹海ライン」沿いを流れているのですが、
道路はあるものの、家も建物もほとんどなく、
ちょっと日本の狭い土地じゃない雰囲気も味わえる場所かと思います。

実は、この只見川の支流の中ノ岐川や恋ノ岐川も人気スポットで、
またアクセスもし易いので人気なのですが、
ここは主に餌釣り師たちのスポットとなっています。

一方、只見川は、フライフィッシングに適している場所で、
釣果はこの本流も支流もほとんど変わりないです。

関連する川釣りポイント一覧