現在地
ルートを検索

国道411号線から青海を通り過ぎると
ビルの林が立ち並んだ景色は一変し、
山が立ち並ぶ景色が広がります。

多摩川は山梨県北部から流れ出た、
130kmを超える長大な河川
で、
このあたりの水質はとても澄んでいます

堰堤や流れに緩急のある場所や、
ちょっとした茂みを超えると入れる、
魚がいそうな場所があちこちに見えます。

JR青梅線の終着駅「奥多摩駅」のあたりなどは、
氷川渓谷や多摩川本流、支流の日原川へ歩いて入ることができ、
氷川キャンプ場の入り口近くにある町営の駐車場を使えば
車でも釣行しやすくなっています。

支流・本流ともに使いやすいトイレが設置されているので、
本格的な渓流が思うよりも敷居が低く楽しめる釣り場になります。

アユが解禁されるのは6月下旬ごろで、
流域ではヤマベ・ハヤ・イワナ・ヤマメ・ニジマスなどが楽しめ、
8月の夏休みになれば川遊びで釣りをしている
子供の姿を見ることができます。

JR青梅駅南にある釜の淵公園なども入りやすく
近くのコンビニで遊漁券を購入できるので
おすすめの釣り場になります。

中流の南多摩駅北に架かる是政橋など、
ブラックバスが釣れる釣り場もあり、
フライやルアー釣りなど様々な釣りが楽しめ。

多摩川沿いの駅などから行きやすい釣り場もあるので、
車がなくても釣りに行きやすいのが多摩川の魅力だと思います。

詳しい問い合わせ先は奥多摩漁業協同組合で、
遊漁料は一日券が2000円から、
年券が顔写真が必要で6000円
当日券は多摩川近くのコンビニなどで購入することができます。

上流部では魚を求めてヤブに入ることもありますが、
足元など安全には十分に注意してください。

移動や釣りの最中に動物と遭遇した時は、
竿を振ったり叩いたりして動物を刺激せず、
ゆっくりとでよいので距離をとって逃げて下さい。

関連する川釣りポイント一覧