現在地
ルートを検索

銅山川は香り高いアユが釣れることで知られ、
アユが解禁となる6月から落ちアユの季節まで楽しめる
水質のよい釣りポイント
で、
アマゴやニジマスなども釣ることができます。

時期にもよりますが水温は比較的低めで、
魚が大きく育つまでやや時間が必要ですが、
大型は十分に狙えます

吉野川水系に属する清流は、砂金が採取できることでしられ、
底がよく見える澄み切った流れにキラリと光るものを見つけると、
もしかしてと期待してしまいます。

新宮ダムより下流では水量が不足しがちなので、
ブラックバスで知られる金砂湖あたりから上流部が
釣りの中心
になります。

富郷ダムのあたりは比較的川幅のある開けたエリアで、
オートキャンプ場の下など段々になった瀬・淵など変化に富んでいて、
川釣り初心者にも勧められます

釣りが解禁される2月ごろでも、
サイズは小さめですがアマゴが釣れることがあり、
シーズンが本格化する6月ごろには、
放流されたアマゴが思わぬ場所で釣れることもあります。

吉野川最大の支流ということもあって、
銅山川は大小様々な支流をもち
なかにはかっての鉱山集落の跡を通って、
釣り場を移動するような場所もあります。

奥深いところではロープを使うような場所もあるので、
自身の体力などを考えて安全に釣りを楽しんでください。

伊予三島市側の管理は銅山川漁業協同組合で、
遊漁券は一日が1500円年間で6000円

新宮村側の管理は銅山中流漁業協同組合で、
遊漁券は一日が1000円年間で3000円

伊予三島から国道319号線を南へ進めば銅山川で、
そのまま国道319号線を進むと新宮村方面で、
県道6号線を進むと上流部へ進んでいきます。

関連する川釣りポイント一覧