現在地
ルートを検索

私がよく行くポイントで加勢川があるのですが、
なかでも足場がよく型のよい魚が期待できるポイントが、
この大六橋付近
です。

ここは、熊本市の東バイパスを南に下り
江津湖を渡ったところを左折し、
県道236号を真っ直ぐ行くと
県道238号へと行く橋が右手に見えるので、
その橋の袂がポイントとなる大六橋となります。

袂に駐車スペースがありますので、
そこに駐車しての歩きでの釣りとなります。

ルアーでのバス狙いが多いです。

えさでの鯉やヘラブナも釣りに行ったりしますが、
ルアーでの釣行が圧倒的に多いです。

主に私は、スピナーベイトとラバージグが多いです。

したがってロッドは、固めのものを使い、
7フィート前後の長めの先調子を使います。

リールもベイトを使いラインも12ポンド前後を。
遠投しないので40mくらい巻いて十分だと思います。

ルアーは、ラバージグは、10グラム前後のヘッドを
ブラックやブラウン系の暗めの物でスカートをブラックなど
暗めのものや水が濁っている時は、イエローなど使うときもあります。

スピナーベイトは、イエロー系が食いがよく
ブレードをタンデムにします。

主に沖に沈んでいるブロック周辺をラバージグで落とし込んで
狙い沖の駆け上がり付近をスピナーベイトを引いたりします。

江津湖からの流れ込み付近の草が沈み込んでいる付近を
スピナーベイトで狙ったりします。

ここは、以前立て続けて40cm前後を
5匹かけたことがあり実績があります

橋の沈み込み付近や先のすすき付近を狙っても実績があります。
型は、30cmクラスが多いです。

関連する川釣りポイント一覧