アユ・オイカワ釣りが盛んな県を代表する河川で、
低い山々が連なる中流は懐かしい風景が広がり、
JR岡山駅から車ですぐの田園を流れ、
やがて瀬戸内海へと注ぐ釣りポイントが旭川です。

ハエの競技釣り大会で知られた河川ですが、
岡山市街に近いあたりで周辺の水路なども含めて護岸工事がすすみ、
アブラボテ・カネヒラといった小魚には厳しい状況かもしれません。

ですが増水の影響で水の勢いが強いときなど、
ほかの水路との合流あたりで渦を巻き、
障害物など変化の少ない流れに思わぬ変化を生み出します。

減水期でも水深が10mあるような場所もあり、
汚れの少ない水の流れにヤマベ・フナ・タナゴなどが泳ぐ姿があるように、
旭川から魚がいなくなったわけではありません

タナゴの生息地として知られる岡山だけあって、
アユ・イワナの生息域のような瀬や深トロのような場所
アブラボテが釣れます。

市街地から中流域へ遡り、
タナゴがいるとは思えない左右から森が迫る、
大淵にエメラルドグリーンの水を蓄えた、
雄大な風景の中でタナゴ釣りをすることができます。

タナゴの釣り場は水路が中心で、
種類はヤリタナゴ・シロヒレタビラの姿が多く、
そのはかにスイゲンゼニタナゴの姿があります。

スイゲンゼニタナゴは捕獲・飼育が禁止されていますが、
透明感のある魚体に青色が一筋入っているのが特徴で、
山陽地方の兵庫県・千種川水系から、
広島県・芦田川水系の間
にしか生息していません。

水辺を移動していると、
淡水魚保護宣言の町」という看板が目に入って来るように、
川の生き物に配慮した形で工事はおこなわれ、
旭川の流れには自然の姿が多く残されています。

中流から下流にかけ、
山と海に挟まれた田園の広がる風景のなか、
懐かしい空気に包まれながら釣りを楽しんでみてください。

関連する川釣りポイント一覧