現在地
ルートを検索

歴舟川(れきふねかわ)は、
北海道十勝地方南部を流れる大きな川です。

十勝では、十勝川水系を除けば1番大きな川で、
多くの支流を集めています。

釣り場は本支流を合わせると多いので、
今回は本流のみを紹介します。

まずは、大樹町市街よりも下流ですが、
水量が多くて渡ることは困難
です。

この区間は、春の雪代が出る前のアメマス釣りが有望ですが、
タイミングが難しく、あまり釣る人はいません。

また、7月のヤマメも期待できますが、
川が大きいので釣るポイントが難しく、
大半の釣り人は上流に行きます。

大樹町市街から上流しばらくは入釣が難しく、
キャンプ場のある尾田地区付近から釣りやすくなります

しかし、水量はまだまだ多く、渇水時期に狙うと良いでしょう。
この辺りは、ヤマメやニジマスが対象になります。

周辺はヌビナイ川や中ノ川が合流するので、
支流を登ってみるのも良いでしょう。

拓進地区付近に、大きな堰堤があります。
この下流がヤマメ釣りに有望です。

水量が相変わらず多くてポイントが難しいですが、
ヤマメが期待できます。

そして、堰堤から先は大ヤマメのチャンスが大きいのですが、
函になっており渡渉することは困難です。

さらに上流へ行くと日方橋があり、歴舟川を渡ります。
しかし、函が続いており、降りる場所はありません。

周辺は、岩登りや沢登り技術のある人だけが許される釣り場です。
さらに林道を進むと、分岐があります。

1つは歴舟川の上流へ続く林道で、
もう一つはポンヤオロマップ川の上流へ続く林道です。

ヤマメはポンヤオロマップ川が有望ですが、
近年は林道が不通であることが多いです。

また、歴舟川本流林道も不通が多くなっています。
歴舟川上流へ向かうと、大きな砂防ダムがあります。

ここがヤマメの終点で、これより先はオショロコマのみになります。
既にヒグマの住処ですので、注意してください。

このように、歴舟川はヤマメ釣りの名流です。
川が大きくて釣りづらいですが、ぜひチャレンジしてみてください。

関連する川釣りポイント一覧