現在地
ルートを検索

日野川河口の石積みにて天然ウナギが釣れます。

場所は米子自動車道(米子インター)から
国道431号線を境港向きに15分位走ると日野川が有ります。

日野川河口の東側(イオン側)の土手を車で海に向かって走って行くと、
川沿いに下りれる様に斜めに道が付いています。

あとは道の横が原っぱになっているので、
好きな所に車を停めて釣りを行って下さい。

時期は6月頃~8月位がオススメです。

時間帯は夕方~夜にかけてが良いですが、
深夜帯でも釣れます

やはり雨上がり時が良く投げ釣りにて狙ってみて下さい。

夕方からの釣りになるので、
竿の先に付けるライト(ケミホタル)や鈴が有れば
当たりが良く解り便利
です。

エサは定番のミミズの他、現地にて調達も可能です。

足下の石積みをベッドライトを使って照らすと
沢山の手長エビかいるので、タモですくって餌に使う事が出来ます。

通常のムシトリ網ですと、大き過ぎて岩の間に入れる迄に
引っ掛かってしまいますので、エビ採り用の小さな枠のタモを用意して下さい。

ウナギの他に、スズキ(セイゴ)・フナ・コイ・ハゼなども狙う事が出来ます。

注意点はあまり河口付近まで行くと、
ルアーにてスズキを狙っている釣り人が多く、
仕掛けのトラブルになりかねますので少し上流が良いです。

また、土日や夏休み時期は家族(小さなお子様)連れが
手長エビ採りに来ている事が有ります。

仕掛けを投げる際は周囲(後方)を良く確認して行って下さい。

また、釣れる確率を増やす為、
竿の本数を増やす事をオススメしますが、
あまり横に広く場所を取ると他の釣り人の迷惑になりますので、
常識有る行動を取る様にして下さい。

使う重りの号数を統一すると、
隣の仕掛けとのトラブルを減らせるのでオススメ
です。

関連する川釣りポイント一覧