笹子川は昔神奈川に住んでいた頃に
よく行っていた川です。

漁協の方が積極的に放流するので
いつ行っても魚影が濃く
まずボーズと言う日はありませんので初心者から楽しめます。

渓相はおだやかなところもあれば、
ちょっと大きい岩があったりととにかく変わるので、
瀬釣りから落ち込み釣りまでテクニックが要求される場所でもあります。

ちょっとした30センチほどの落ち込みに魚がおり、
ポイントを丁寧に攻めていくと当たりを感じることでしょう。

型は小さい10センチ程度の物から、
30センチに近い物まで幅広く釣れますが、
大体は15~20センチほどが多いと思います。

釣れる魚はヤマメとニジマスが主ですが、
時々支流から入ってくるイワナも釣れることがあります。

何度か見ましたがなぜかアマゴも中にはいるようです。

釣りの区間としては大月ICの上、
真木の交差点からJR笹子駅までの5~6キロの区間です。

真木のちょっと上、国道20号線を走ると
川に下りられる道がありますのでここをベースにするといい
でしょう。

ただ川からあまり高さが無く、
大雨の時には道が無くなってしまいますので、
気を付けた方がいいです。

そこから暫くは遡上できる区間が続きますが、
主に瀬やちょっとした落ち込みが多いので
丁寧にポイントを攻めると釣果に繋がります

さてもうひとつのポイントが笹子駅付近から上流のエリアです。

ここは大きな岩が点在しており深みもあるところが多いので
意外な大物が潜んでいます

ここで一度だけ35センチのヤマメを釣り上げ大喜びしました。

因みに春にはこの付近に放流されるので入れ食い状態で、
合計約50匹ほど釣り上げ、持って行ったビク一つでは足りませんでした。

相模原や八王子から近いこともあり人は多く
放流時期以外はスレ気味ですが、腕を磨くにはもってこいの川です。

関連する川釣りポイント一覧