鮎の友釣りは、川の中で自分のエサ場として
縄張りを持つ鮎の近くにオトリ鮎に掛け針を仕込んで
追い払う為に体当たりするときに
掛け針に野鮎を引っ掛けるという釣り方です。

その為、鮎が縄張りをもつ期間の
5月中旬から10月中旬が鮎友釣りのシーズン
となります。

海の釣りと違って河川での釣りは
管理する漁協の認可が必要
で、
そのために河川ごとに魚券が販売されています。

一日券もありますが大半の釣り人は一年券を購入します。

魚券なしで鮎釣りをすると、罰金などの処分が来ますので
必ず買い求めて携帯することが必要です。

鮎釣りを始めるに当たり一番の難関が鮎釣り道具の高価さです。
高いものばかり揃えると30万円以上かかります。

安いもので揃えても5〜6万円くらいは必要です。

必要なもの竿、引き船、オトリカン、タモ網、ベルト、
タイツ、タビ
であとは糸やハナカン回り、掛け針などですが、
他の釣りに比べて当初揃えるものが多いので、
できれば鮎釣りをしている知り合いの人などに
アドバイスをもらった方がいい
です。

竿にも色々な硬さや調子があり、
糸にもナイロン、フロロ、メタル、複合、PEと数多くあります。

もう一つ重要な事は自分が釣行する河川を絞ることです。

河川は一つか二つで十分ですが、
まずは一つに絞ることが望ましいです。

一つの河川を一シーズン攻めることによって、
川のパターンや掛かり方を覚え、上達も早くなります

関連する川釣りポイント一覧