解禁からしばらく経った
7月〜8月末の鮎釣りのコツですが、
条件さえ合えば一番鮎友釣りの醍醐味が味わえます

特に増水後のやや高水時には
良型の入れ掛かりも味わえます。

河川にもよりますが
解禁当初15cm前後だった鮎も20cmを超え
成長の良い河川では25cm〜28cmにも成長します。

この時期の後半くらいから河川によっては、
鮎が大きくなって初期の竿や仕掛けが使えなくなります

狙い目はまずは瀬です。

それも流れの強い瀬や、白泡の立つ荒瀬などで
良型が掛かります

トロ場でも深い押しの強い場所にも良型がいます
逆に浅いチャラ瀬などは小型が多くなります。

この時期の注意点は渇水があります。

渇水が続くと土用隠れといわれ、
水温の上昇と共に鮎が水温の低い
静かな深場などに隠れます。

一番鮎友釣りの難しい時期でもあります。

関連する川釣りポイント一覧